« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

チョコッと三河湾ツー

今日は、昨日の7Kmツーを挽回すべく三河湾をマッタリ走ってきました。

風が冷たそうなので、電熱ジャケをGOREのWIND STOPPER パーカーの下に着て、Img_0511 8時30分に自宅を出発してR248を走り幸田、三ヶ根辺りを右折して西浦方面へ。

Img_0515 形原漁港大橋、ここからの眺め結構すきです。

Img_0516_2

そして西浦温泉方面へ

ここの景色も好きですね、特に今日は天気が良いので更に○。

Img_0495

Img_0493_2

温泉街を抜け先程の形原漁港大橋を漁港側。

Img_0521

形原から西浦をはしり東幡豆漁港

Img_0526

ここも好きなポイントなのですが、写真右側の岬付近は工事中、ト○タ自動織機の研修センターが出来るらしい。

吉良を抜け、一色町へ

一色さかな広場

時間が遅いのか余りお客さんは居ませんでした。

Img_05331

帰りは西尾市内を走りR23で248号に出て給油をして11時30分頃に帰宅。

Img_0509

結局、電熱ジャケは帰りの23号の10分位の使用でした。

走行距離84.7Km(燃費21k/ℓ)

| | コメント (2)

2008年11月29日 (土)

本日晴天ですが・・・

朝起きたら良い天気。青い空、風も無く穏やかな日。こんな日はスポに乗って・・・と思っていると、奥方から命令が(涙。

それでもスポに触りたく、朝の7時から洗車に磨き。

2週間程前から自宅の壁面のリフレッシュペイント中。土日にも関わらず、作業をして頂いている業者さんを出迎え、昼頃まで時間を潰す。スポで出かけたら何処までも走ってしまいそうな天気なので、昨夜本を返却した中央図書館へ。

Img_0407 今日も何か催しが有る様です。ギターを抱えたバンドマンがせっせと忙しそう。

「musicf01.pdf」をダウンロード

館内は勉強中の中高生が目立ちます。

先ずは、聞きたいジャズのレコードを

Img_0395

Img_0394 ここは、何時きても空いていて静かです。まぁ好きな人しか来ないでしょう。

Img_0400

地下には「岡崎むかし館」

思いっきり詰め込みましたってな感じ(笑。

Img_0414

回転式ステージ?で昭和10年・30年代の暮らしが再現して有ります。Img_0416

Img_0402 こちらは正面。

2時間程暇を潰し、業者さんへ御茶出しの為、帰宅。

15時頃にやっとスポに乗れそうな気配。5分で着いちゃう距離ですが紅葉を入れたスポの写真が撮りたく思い東公園へ。

Img_0453 良い感じに色づいています。

それではパチリ!

Img_0480

Img_0488 少しG10に慣れて来たかな。

Img_0490 色々試し撮りをして、

雲行きが怪しくなって来たので、給油をして帰宅。走行距離7k(少・・汗

| | コメント (3)

2008年11月28日 (金)

今日

今日は、G10を持って出勤。

出勤前に勤務先近くの碧南火力

20081128_004

高圧線の鉄塔

20081128_001

移動途中の夕日

20081128_006

帰宅後、借りていた本を中央図書館へ返却

Libera_03_2

歩いても良かったかな。館内のレストランカフェは、まだやってる。

Libera_05

車中

Libera_07

一週間があっと言う間に過ぎ、少し疲れ気味。

肩こりが酷い・・・。

明日は、天気良さそうです。スポに乗れるかな

| | コメント (0)

2008年11月22日 (土)

コンデジ新調と小原「四季桜」その後「ささゆりの湯」

コンデジを新調し、早速試し撮りをかねショートツー。

G101_08 Canon PowerShot G10

男心を擽る無骨なデザインとコンデジのメリットである携帯性を全く無視した重量感に惹かれ購入(汗。

Img_0064 Img_0043_edited1

Img_0076_edited1

Z1乗りのHさんを誘い「小原 四季桜」と紅葉ウオッチ、9時からの会社の健康診断を2番手で済ませ、少し風邪ぎみではありましたが、この晴天。10時の待合にギリギリ到着。R248→外環→R153→広瀬経由で小原へ。

小原までは40分位で着いたのですが、R419は渋滞(涙。でも風も無く走っているより暖かかったので良かったかな。11時20分位に「小原ふれあい公園」着。

そしてマッタリと散策。

Img_0082

桜は満開を過ぎていましたが、紅葉が良い感じです。

Img_0071

薄桃色の少し小ぶりな花と、紅葉のコントラストが綺麗です。胃検診で何も食べていなかったので、ここの屋台で「へぼめし」と「おでん」で腹ごしらえ。

再び419を少し走ると目の前の斜面に一面に四季桜が見えてきます「川見四季桜公園」。

こちらの方が見応えがある感じですが、そのまま北上して明智へ出て大正村方面へ。ここで胃検診で飲んだバリューム+下剤が効いてきました。冷や汗を掻きながら、焦りの余りに道を少し行き過ぎ、何とか「ささゆりの湯」着。入湯料600円を払う前にトイレへ直行。

のぼせ症な事をすっかり忘れ長湯をして、しっかりのぼせる。1時間30分位を過ごし、矢作ダムへ、

Img_0095_edited1 恵那から走ってきたZ1乗りさんと暫しZ話に花を咲かせるHさん。

Img_0093

山の日は落ちるのが早いので、11号、R355→外環→R248→SEEDで解散。綺麗な四季桜と紅葉をたっぷり鑑賞出来たまったりツーでした。G10の方は扱い易く良い感触です。後は持ち主がカメラのポテンシャルを引き出す様な写真が撮れるか否かですね(汗。。。

| | コメント (4)

2008年11月 9日 (日)

曇天

Dscf4249

スポに乗りたいけど今一の空。11月にオープンしたばかりの岡崎中央図書館「Libra」に行って来ました。実は図書館大好き人です。

本も大好きなのですが、今日の目的は こちら、内田修ジャズコレクション

Dscf4246

岡崎市内はジャズが聞こえる街です。この方の影響がかなり大きい。

ジャズを語れる程の者では無いですが、私は20代の頃 内田病院の近くの店で働いており、ここの店主が内田先生と同級生であった事から、ご本人からジャズの色々な話やレースの話をお聞かせ頂き、当時良く来店頂いた宮沢さん(故人)からも釣りの話を良くして頂きました。少し懐かしい気持ちで来館しましたが、改めて偉大な方である事を再認識。

Dscf4250_edited1

ジャズ好きにはたまらない貴重アルバムも常時視聴可能、病院スタジオも復元されており一見の価値はありますよ。

Dscf4247

ここの図書館の良い所は、開館時間が夜9時までと長い事。ライブラリーゾーンの感想はまた今度。

| | コメント (0)

2008年11月 7日 (金)

スポ ユーザー車検

スポのユーザー車検を受けに今年初めての有給取得。

一週間前にネット予約をして置いたのだが天気が・・・。

前日の夜にマフラーとナンバー(反射板)をストックに変更。マイスポはストックマフラーに穴あけ加工してあるので、オークションでGetsのストックサイレンサーに交換。ここで問題発生、連結管?のガスケットが無いことに気付く。おまけに雨まで降ってきた。

一服しながら試行錯誤しキッチンからアルミホイルを30センチ程用意、これを細く丸めて割り箸の太さ位にして、連結管の穴の淵に合わせセット。何とか成るもので、車検の間だけ持てば良し!!

ストックマフラーの音も久々に聞くが、静かでは有るが結構良い音。ここまでの作業時間1時間位かな、ナンバーステーも反射板付のストックタイプに変更。後は明日と就寝。

何時もと同じ時間に起床し、定期点検記録簿の項目を点検チェック。必要書類を確認し雨も止んで路面も乾き始めたので、8時30分頃 車検場へ出発。西三河自動車検査登録事務所までは25分位で到着、必要書類を50円で購入して、パパッッと記入。早く着きすぎたので1Rを見学。2輪のレーンは工事中で、トラックと一緒のDSレーンで検査をしてる様子。結構カスタムしたハーレーも難なく通過。2Rには早いが受付で聞くと、検査開始しても問題無いとの事。2輪レーンは自動で機械操作ボタンを押すのだが、本日は検査員が機械操作しながらチェックする模様。最初にウインカー・ライト・ブレーキライトと30秒位のチェック。前のバイクについてレーンに入り、ブレーキFR、スピードメーターは無し、排気、光軸と5分も掛からず全パス。最後に総合ボックスでハンコを貰い発行窓口で待つ事1分

Dscf4240_edited1

車検終了。初めてのユーザー車検でしたが、先ずは検査事務所の窓口員、検査員が親切。懇切丁寧に記入方法、印紙まで貼ってくれます。光軸検査が通り難いと聞いていたのですが、「ハンドルを、もうちょい右」とか通るまで合わせてくれる感じ。少し拍子抜け感もありましたが、無事終了。

帰宅後、マフラー・ナンバーを戻し車検シールをナンバーに貼り、思ったより早く終わったので午後から会社へ出勤してしまった てるてる です(汗。

1) 自賠責         13,400円
2) 重量税      5,000円
3) 手数料(印紙) 1,700円
4) 用紙代           50円     計20,180円 

明日は、オイル交換でもしますか。

| | コメント (2)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »