« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月19日 (日)

矢作古川河口~三河湾竹島辺り

今年一番の冷え込み?岡崎辺りで-7度、朝起きてスポに乗るのを諦めました。 近所の岡崎天満宮の梅もまだ蕾ばかり。 仕方なく矢作の堤防を走り西尾を抜け一色の矢作古川の河口へ。 アサリ養殖と海苔養殖用の小さな漁船の船溜りの奥には小さな造船所。

Img_9317_8_89_tonemapped

船底塗料で臙脂に染まったスロープ船台

Img_9310

夏のハゼ釣りでは賑わう所なのですが、この時期は釣り人は一人もいません。 247を蒲郡へ走り竹島園地。ユリカモメの餌やりを写撮り。起用にホバリングをしてパンをついばみます。

Img_1017

Img_1153

竹島へ続く橋を中国人の観光客が集団で渡ってゆきます。

Img_1045

午後からは天気予報より気温は上がりそうです。

Img_9377

Img_9421_2_23_tonemapped

| | コメント (2)

2012年2月12日 (日)

enthusiast

何時も給油するGSに向かう道すがらの気になるお店。 少し敷居が高く感じられ扉を開けるのを躊躇し、写真だけ。

125

Topaz_adjust_5_20120212_170642

風は強いが空がきれいな一日でした。

Topaz_adjust_5_20120212_170938

| | コメント (2)

2012年2月11日 (土)

滝山寺鬼祭り

「滝山寺鬼祭り」 どちらかと言うと地味な祭りなのですが、最後の10分間のクライマックスの火祭りは圧巻です。 自宅からだと車で5分位、駐車場は殆ど無しに近いのですが地元同級生宅に駐車させてもらい、3時間前にカメラ2台、三脚を担ぎ参道の階段を上がり到着したのですが境内に近い前列は三脚ですでに埋まっており仕方なく後方の角に陣取り三脚にカメラを設置。この時間帯、殆どの見物人がカメラ趣味人ばかりです。

Img_0547

祭りに使用される鬼面も拝観。

Img_0542

境内入り口の松明にも火が入り

Img_0711

いよいよクライマックス「火祭り」の始まりです。

Img_0669

全照明が消され白装束の男衆数十人の持つ松明の炎で境内が赤く染まる本堂中心に仁王立ちの住職。祖父面、祖母面、孫面をつけた役が男衆に導かれ2周する。

Img_8899_2

Img_9128

Img_0877

この祭りが終われば春も近いはずです。

| | コメント (2)

2012年2月 5日 (日)

親父譲り

今年7回忌になる親父の形見の品。 酒好きで趣味も多く、晩年は野鳥観察と写真、釣りが主な趣味だった。 酒好き以外の趣味の多さはやはり親父譲りか(笑い)。 今に思えばバイクも、釣りも、カメラも親父にならったのかな。 何年か前に譲り受けたフィールドスコープが押入れから出てきた。

Img_8739

几帳面だった親父らしくテプラで名前が貼ってある。流石にこれは剥がせない。 まあこれも何かの縁か、野鳥の知識も無いまま野鳥観察で地元では有名な「おかざき自然体験の森」へ。 日も高くなった冬の午前、野鳥観察の人も疎ら。 まあ初めてと言うことで、写真までは撮れないとは思いつつカメラ持参。 囀りは聞こえるが正体が見えないまま時間が過ぎ・・・。

Photo_2

日陰は先週降った雪が残り寒い。周りは、猪の足跡だらけである。 散策道を500メートル程入った所で野鳥観察の人発見。しかし皆さん赤鉢巻の白玉のLレンズ。 少し目が慣れてきてメジロ、ヒヨドリは見られるもなかなか難しい。 フィールドスコープより双眼鏡ですね。カメラを三脚に載せ代え何とか撮れた野鳥さん。 アオジ

Img_8678

ジョウビタキ

Img_8705

趣味への移行は、もう少し暖かくなって野鳥観察の知識を入れてからですね。 まあ久しぶりに日の目を見たフィールドスコープが亡き父の供養になりました。

| | コメント (2)

2012年2月 4日 (土)

街撮り

88_2

少し寒さが緩んだ土曜日、今年初めてスポを走らせました。 繋ぎっ放しの充電器の御蔭か、セル一発始動。 用は数分で完了。持ち出したkissで市役所辺りを散策写撮り。 豊橋公会堂前 ガラスアート

5_1_2

66_1_3

日本ハリストス正教会前

77_2

Toyohashi_2

この辺り教会が密集しているのは何故かな? 暖かくなったらゆっくりぶらぶら写撮りしたい街ですね。

1_2

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »